前田浩司
著者のコラム一覧
前田浩司不動産コンサルタント

1967年生まれ。大阪体育大学硬式野球部でエースとして活躍。元大手マンション販売会社の取締役営業部長。現在は、不動産コンサルティング「ラソ・トラスト」代表。著書に「不動産投資 騙しの手口」(秀和システム)がある。

20代の不動産営業マンが年収2000万円にハネ上がる仕組み

公開日: 更新日:

 前田さんが大手不動産ディベロッパーに就職したのはバブルの絶頂期。

 3500万円で購入したマンションが翌日に4100万円で売れる光景を見てきた。まだ完成していないマンションのモデルルームに問い合わせの電話が殺到し、抽選に当たった家族が泣きだすという異様な世界だった。

 当時、前田さんの初任給は約24万円。年収はボーナス込みで480万円だったという。実のところ、あれから30年が経った今も、この給与額にさほどの変化はない。

 では、なぜ25歳で年収2000万円といった営業マンがいるのか?

「インセンティブです。私が勤めていた会社では、契約を1件決めると50万円ほどのインセンティブが付きました。若くても年収が1000万円、2000万円と上がっていくのはそのためです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る