中小企業は疲弊も…就活ルール撤廃でウハウハの業界は?

公開日: 更新日:

 経団連の中西宏明会長が就活ルールの廃止を提案した問題。4日は麻生財務相が「一考に値する」と発言、菅官房長官が「企業や大学が学生のことを考えながら議論すべきだ」と述べるなど、採用活動の自由化が現実味を帯びてきた。

 就活ルールが撤廃されると企業や学生にどのような変化が生じるのか。

「大企業が採用時期を早め優秀な人材を確保しようとするでしょう。結果として採用活動が長期化して、学問に集中したい学生や人事担当が少ない中小企業は疲弊してかわいそうな話です」(ビジネス評論家・菅野宏三氏)

 中小企業の経営支援を行う独立行政法人「中小企業基盤整備機構」によると、現状でも中小企業の約3割が深刻な人手不足に悩んでおり、採用の自由化でより人材難が悪化した場合、バタバタと倒産する会社が出てくるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る