中小企業は疲弊も…就活ルール撤廃でウハウハの業界は?

公開日: 更新日:

 経団連の中西宏明会長が就活ルールの廃止を提案した問題。4日は麻生財務相が「一考に値する」と発言、菅官房長官が「企業や大学が学生のことを考えながら議論すべきだ」と述べるなど、採用活動の自由化が現実味を帯びてきた。

 就活ルールが撤廃されると企業や学生にどのような変化が生じるのか。

「大企業が採用時期を早め優秀な人材を確保しようとするでしょう。結果として採用活動が長期化して、学問に集中したい学生や人事担当が少ない中小企業は疲弊してかわいそうな話です」(ビジネス評論家・菅野宏三氏)

 中小企業の経営支援を行う独立行政法人「中小企業基盤整備機構」によると、現状でも中小企業の約3割が深刻な人手不足に悩んでおり、採用の自由化でより人材難が悪化した場合、バタバタと倒産する会社が出てくるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る