対象外の家庭は負担増に 大学無償化“詐欺”が家庭を直撃

公開日: 更新日:

 後半国会で先週末、いわゆる「大学無償化法」が成立した。来年4月から低所得世帯の子どもを対象に授業料減免と給付型奨学金支給が始まる予定だが、恩恵を受けるのはホンの一部。むしろ、サラリーマン家庭は負担増の可能性大なのだ。

〈大学無償化詐欺だ〉

〈大学以前に生計が成り立たないレベルの世帯じゃないか〉

〈まず両親の給料が上がる社会をつくってやれ〉

 無償化とは名ばかりの新法成立を受け、ネット上にはこうした批判があふれている。支援策の内容は、夫婦と子ども2人(うち1人が大学生)の年収270万円未満の住民税非課税世帯の場合、国公立大は授業料年間54万円について一部の大学を除き全額免除、私大は最大70万円を減額。奨学金は国公立大自宅生で約35万円、私大下宿生は約91万円の支給だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る