小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

“メガバンク会長”参加の前代未聞 トヨタ決算説明会で質問

公開日: 更新日:

「日本を代表する超大企業とはいえ、メガバンクの会長、頭取が決算説明会に参加するというのは前代未聞じゃないかな」

 こうメガバンクの幹部が驚いたのは、5月8日に東京都内で開かれたトヨタ自動車の19年3月期連結決算説明会に三井住友銀行の宮田孝一会長と三菱UFJ銀行の三毛兼承頭取が参加したことだ。しかも、宮田会長は「中長期的な目線でトヨタ株を買う投資家に対する考え方を教えてほしい」と、豊田章男社長に質問する熱の入れようだった。

 今回の決算はトヨタにとって記念すべきタイミングだった。というのも今決算でトヨタは日本企業で初めて売上高30兆円超えを果たし、世界販売台数も過去最高を更新した。宮田、三毛の両行経営陣が決算説明会に参加したいと思うのも無理はない。

 三井住友銀行と三菱UFJ銀行はトヨタの取引を巡り、しのぎを削るライバル関係にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る