藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

動き出す低位株…メガネスーパー運営の「ビジョナリーHD」

公開日: 更新日:

 先週もトランプ砲が株式市場に大きな影響を与えました。今週開催されるG20大阪サミット・20カ国・地域首脳会議に合わせて中国の習近平国家主席と首脳会談することを発表、これを受けNY株が急騰しました。また注目の米FOMCでは、今回の利下げはなかったものの、年内の利下げ姿勢が確認されています。

 しかしながら、ドル円相場が一時107円台となるなど、円高懸念が日本株の上値を抑えています。しばらく、内需関連の銘柄に分がありそうです。

 このコラムでの、最近の大ホームランは、キャバ嬢が“サブSIM”を活用で紹介の日本通信です。掲載日の5月27日始値136円から、6月10日高値253円まで、短期間に2倍近い値上がりとなっています。低位株ならではの、ダイナミックな値動きでした。

 今回は、第2の日本通信となりそうな低位株をご紹介いたしましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る