藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

動き出す低位株…メガネスーパー運営の「ビジョナリーHD」

公開日: 更新日:

 先週もトランプ砲が株式市場に大きな影響を与えました。今週開催されるG20大阪サミット・20カ国・地域首脳会議に合わせて中国の習近平国家主席と首脳会談することを発表、これを受けNY株が急騰しました。また注目の米FOMCでは、今回の利下げはなかったものの、年内の利下げ姿勢が確認されています。

 しかしながら、ドル円相場が一時107円台となるなど、円高懸念が日本株の上値を抑えています。しばらく、内需関連の銘柄に分がありそうです。

 このコラムでの、最近の大ホームランは、キャバ嬢が“サブSIM”を活用で紹介の日本通信です。掲載日の5月27日始値136円から、6月10日高値253円まで、短期間に2倍近い値上がりとなっています。低位株ならではの、ダイナミックな値動きでした。

 今回は、第2の日本通信となりそうな低位株をご紹介いたしましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る