「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

公開日: 更新日:

「いきなり!ステーキ」(運営・ペッパーフードサービス)が米国ナスダック市場への上場を廃止すると決めた。昨年9月の上場以来、1年足らずの撤退。国内の勢いとは裏腹に米国では苦戦していた。

 いきなり!ステーキがニューヨークに1号店を出店したのは2017年2月だった。20ドル(約2200円)前後という安さを前面に押し出し、一時は11店舗に拡大したが、消費者を掴み切れず7店舗を閉鎖。残りの4店舗は「ペッパーランチ」に衣替えさせている。

 昨年7月には客席のついたてを撤去。立ち食いでなく、テーブルに切り替えもしたが、持ち直さなかった。何が敗因だったのか。

「ステーキの本場に日本人が殴り込みをかけたのはいいけど、しっかり計画を立てていたかは疑問です」とは外食産業に詳しいジャーナリストの窪田順生氏だ。

「ペッパーフードの一瀬邦夫社長はかつて、米国のステーキはウエルダンが主流だが、日本にはレアもあるので、その味を提供したいといった発言をしました。これがまずかったようです。実は米国人はレアでも食べるし、熟成肉も大好き。いろんな食べ方を楽しんでいるのです。そこに日本のレアを伝えたいと上から目線で乗り込んだものだから、ニューヨーカーの反感を買ってしまった。米国人が立ってナイフとフォークを使うのを嫌がることへの配慮も欠けていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

  10. 10

    7/20~7/26のあなたの運勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る