楽天社員から日本初「無人古本屋」起業 店主の発想と工夫

公開日: 更新日:

「BOOK ROAD」店主・中西功さん

 街の本屋がどんどん潰れていくなか、「本屋を増やしたい!」と、会社に勤めながら「24時間の無人古本屋」を始めた中西功さん。無人だと万引がやりたい放題ではと誰もが気になるが、被害はこれまでないという。たまたま運が良かったのではなく、さまざまな工夫の結果だった。

 中西さんが、東京・三鷹に無人古本屋「BOOK ROAD」を始めたのは2013年4月、34歳の時。妻に「自宅にたまっている本を処分してほしい」と言われたのがきっかけだった。大学時代から本を集め始め、蔵書は1000冊ほどに。古本屋に売るという手もあったが、店舗を構えて売ることに魅力を感じた。それは、中西さんの仕事と関係があった。

「大学を卒業してから楽天に入社し、ネット通販ショッピングモール“楽天市場”に出店している中小企業の方々にアドバイスをするコンサルティングをしていました。お客さまのなかには、僕がアドバイスをしても『君は店をやったことがないからわからないんだ』と反論される方がいました。確かに僕は、大学時代、海外を旅して回り、紛争地にも行ってみたのですが、ニュースや知識で知るのと、実際にその場に身を置くことは大違いだと実感していた。それで、僕も実際に何か店を経営してみたい、と思うようになっていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る