G20でも話題の“脱プラスチック” 「タクマ」が脚光浴びる

公開日: 更新日:

 今週28、29日に開催される「G20大阪サミット」では、海洋を汚染する廃プラスチックが大きなテーマのひとつだ。不法投棄されたペットボトルなどのプラスチックは、微粒子レベルに細かくなり、有害物質が付着しやすい。魚を通じて人間も摂取と指摘される。

 また政府は2020年4月からレジ袋の有料化を義務づける方向で動いている。スーパーやコンビニなどは対応を迫られている。

 こうした中、環境プラントのトップメーカーで、都市ごみ焼却プラントでも豊富な実績を持つタクマ(6013)に注目が集まっている。

 脱プラスチックの選択は大きく3つ。①紙製の採用②自然界で溶ける生物由来の原料への置き換え③焼却――だ。

 タクマは焼却に強い。ボイラーの開発で培った燃焼技術をベースに、ごみ処理など環境分野に進出。下水汚泥や廃油、廃プラスチックなどの産業廃棄物処理プラントを手掛ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る