G20でも話題の“脱プラスチック” 「タクマ」が脚光浴びる

公開日: 更新日:

 今週28、29日に開催される「G20大阪サミット」では、海洋を汚染する廃プラスチックが大きなテーマのひとつだ。不法投棄されたペットボトルなどのプラスチックは、微粒子レベルに細かくなり、有害物質が付着しやすい。魚を通じて人間も摂取と指摘される。

 また政府は2020年4月からレジ袋の有料化を義務づける方向で動いている。スーパーやコンビニなどは対応を迫られている。

 こうした中、環境プラントのトップメーカーで、都市ごみ焼却プラントでも豊富な実績を持つタクマ(6013)に注目が集まっている。

 脱プラスチックの選択は大きく3つ。①紙製の採用②自然界で溶ける生物由来の原料への置き換え③焼却――だ。

 タクマは焼却に強い。ボイラーの開発で培った燃焼技術をベースに、ごみ処理など環境分野に進出。下水汚泥や廃油、廃プラスチックなどの産業廃棄物処理プラントを手掛ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る