伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

コクヨ・プラス・ぺんてる…文具業界“三つ巴戦”の勝者は?

公開日: 更新日:

 コクヨ3151億円、プラス1772億円、ぺんてる409億円――。

 文具業界でその名を知られ、それなりの売上高を誇る大手3社が、三つ巴の争いを展開している。プラスとぺんてるが、国内営業部門の一本化に向けて協議している最中、コクヨがぺんてるの筆頭株主に躍り出て、協業を迫るという構図だ。一体、何が起きているのか。

 話は、2012年に遡る。ぺんてる創業家の堀江圭馬氏が、社長を解任された。役員定年を巡る一族間の争いが背景にあったが、未上場企業の筆頭株主として堀江氏は復帰を画策するものの果たせず、18年1月、持ち株の約37%を1株2000円、約80億円で投資ファンドのマーキュリアインベストメントに売却する。

 この頃、ぺんてるは揺れていた。和田優社長は、プラスが進める国内営業一本化に賛同、将来は合弁会社を設立する考えだった。だが、海外比率が6割と高いものの利益は「粗利4割」の国内で出している。プラスとの合弁案では国内が赤字に転じる恐れがあると、取引先や従業員から反対の声が上がり、和田社長もいったん引っ込めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る