小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

マツダ3は“実用スーパーカー” ルックス勝負は吉か凶か

公開日: 更新日:

マツダ3(車両価格:264万9000円〜/税込)

 今年最大の注目作とも言える国産車に、テストコースでようやく乗ってきた。5月発売の新型マツダ3だ。

 かつてアクセラと呼ばれていた実用ファストバック&セダンで新車名は「3」ではなく「マツダ3」。ブランド名に車名が続く表記ならマツダ・マツダ3となる。かなり不思議なネーミングだが、なにより凄いのはそのコンセプトとデザインだろう。

 写真でどこまで伝わるかはナゾだが、まずエクステリアのインパクトが凄い。2年前の東京モーターショーで話題になった魁コンセプトの実車版で、アストンマーチンもビックリの伸びやかノーズに、超セクシーなリアフォルム。パンと張ったCピラーには歪みがまるでなく、真後ろから見た造形は富士山のよう。小沢コージ的には「実用スーパーカーを狙ったのか?」と思ったほど。

 ドア下のエグれも相当に凝った造形で、担当デザイナーの土田廉剛氏曰く「カー・アズ・アート、アクセラはボリュームを重ねて生命感を表現してましたが、新型マツダ3は全く新しくディフレクションで生命感をデザインしました」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  3. 3
    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

  4. 4
    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

  2. 7
    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

  3. 8
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

  4. 9
    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

  5. 10
    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止