大手がエリートを高給優遇 大学生のマインドはこう変わる

公開日: 更新日:

「殺伐とした人間関係になりそうだ」――。こんな声が上がっているのが大企業が次々に打ち出している新卒採用だ。

 ソニーはこの春、入社1年目の新人に等級をつける制度を始めた。AIなどの専門性の高い技術者は一般の大学院新卒社員よりも給料が高く、最大で2割増しの730万円になるという。来月から等級付けが実施される。ユニクロを展開するファーストリテイリングは、優秀な若者を入社後最短3年で子会社の幹部に抜擢し、1000万円以上の年収を支給。欧米勤務では最大3000万円という破格の待遇を検討中だ。

 くら寿司はTOEIC800点以上で簿記3級以上の新卒者の中から初年度の年俸が1000万円の人材を採用する。経済界はフレッシュマンを超エリートとその他大勢に差別化しつつあるのだ。

「これは経団連の意向を受けた方針です」とは人事ジャーナリストの溝上憲文氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る