大手がエリートを高給優遇 大学生のマインドはこう変わる

公開日: 更新日:

「殺伐とした人間関係になりそうだ」――。こんな声が上がっているのが大企業が次々に打ち出している新卒採用だ。

 ソニーはこの春、入社1年目の新人に等級をつける制度を始めた。AIなどの専門性の高い技術者は一般の大学院新卒社員よりも給料が高く、最大で2割増しの730万円になるという。来月から等級付けが実施される。ユニクロを展開するファーストリテイリングは、優秀な若者を入社後最短3年で子会社の幹部に抜擢し、1000万円以上の年収を支給。欧米勤務では最大3000万円という破格の待遇を検討中だ。

 くら寿司はTOEIC800点以上で簿記3級以上の新卒者の中から初年度の年俸が1000万円の人材を採用する。経済界はフレッシュマンを超エリートとその他大勢に差別化しつつあるのだ。

「これは経団連の意向を受けた方針です」とは人事ジャーナリストの溝上憲文氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る