中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

市場は7.21参議院選挙後の円高警戒…「休むも相場」か

公開日: 更新日:

 平日、昼下がりの和食レストランで読書をしていると、隣のテーブルのご婦人たちの会話が耳に入った。

「ねえ今度の選挙、またAさんを応援してね」「Aさんて立憲民主党、それとも国民民主党」「なんだか野党も多いわね」「そうよね」「しっかりお願いね」と主婦も選挙活動かと感心していたら、「主人に感謝しなくちゃね」「そうよ、多分、今日はコンビニ弁当だから(笑い)」「ところでデザートは何にする」と。選挙は外食産業にプラスのようだ。

 さて、米国も選挙モード。トランプ大統領は再選を目指している。1993年に始まった日米自動車・部品交渉は2年近く経っても膠着。不調が報じられ円高ドル安が進行し、95年4月に1ドル=79円75銭の戦後最高値を付けた。95年にクリントン政権の財務長官に就任したルービン氏は、ゴールドマン・サックス共同会長からホワイトハウス入りし「強いドルは国益」と言明。ルービン氏の関心事はクリントン大統領の再選であり、円高ドル安による国内金利の上昇、それによる景気減速を避けたかった。ただ、ドル高に反転させたのは日米自動車・部品協議が95年6月末に合意に達してからだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る