ファーウェイ 博士号持つ新卒者を年俸3100万円で採用予定

公開日: 更新日:

 中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が、博士号を持つ新卒者を、中国のIT企業の副社長級の最大200万元(約3100万円)の年俸で採用を予定していることが分かった。26日の日本経済新聞が報じた。

 年内に最大30人、来年には同300人程度の採用を目指すという。華為技術がこのほど社内向けに公開した内部文書で明らかになった。

 米国の制裁で取引が制限されるなか、優秀な人材を確保し、半導体などの自社開発を急ぐのが狙い。任正非・最高経営責任者は6月の社内幹部会議で「世界から“天才少年”を募集する。彼らは“どじょう”のように我々の組織に入り込み、活性化させるだろう」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る