投資5年31歳で資産6億円を築いた元勤務医のスゴ腕<前編>

公開日: 更新日:

医師・中村康宏さん

 人もうらやむ花形職業「医師」。しかも勤務先は「虎の門病院」という一流の総合病院だ。行く末は教授、はたまた院長か? しかし、出世の道を自ら外れて、単身アメリカ・ニューヨークへ。最新の予防医学を学ぶためだ。そして帰国後は都心の一等地に30歳で開業。これだけ聞くと、「はは~ん、どこぞの大きな開業医か資産家のおぼっちゃまだな」と勘繰ってしまうが、「いえいえ。両親ともに公務員。医者とは全く無縁の家庭で育ちました。留学費用も開業資金も、医者として勤務、勉強を続けながら自ら投資などでつくりました」。

 現在の総資産はなんと6億円。それを、わずか31歳で達成したというから驚くではないか。

 しかし、なぜ一流病院での職を捨て、留学の道を選んだのか? 地道に働いていれば6億円くらい生涯に稼げそうな気もするが――。

「確かに、医師は花形職業だといわれます。一般的なサラリーマンより収入も多いでしょうが、果たして、この先もそうなのか? ただ医師として働いているだけでやりがいのある人生を送れるのか? 勤務医として働いているうちに、疑問を持つようになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る