中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

東京五輪起爆剤 家電量販店にテレワーク特需がやって来る

公開日: 更新日:

 東京五輪は20年7月24日に開幕し8月9日まで、パラリンピックは8月25日~9月6日に開催される。まさに猛暑、台風シーズンのど真ん中である。

 政府は1000万人とも皮算用する海外からの旅行者や、全国から首都圏に来る観戦者で交通網の大渋滞、大混雑を想定、朝夕の地獄のような混雑を緩和するため、この7月22日から9月6日までをテレワークの試行期間とし、企業に在宅勤務の実施を呼びかけている。

「SOHO(Small office Home office)」が株式市場の投資テーマとなったのは、いまから約30年前だった。パソコンと高速ブロードバンドの普及で、自宅でも業務可能となり、通勤地獄も解消とはやされたが、まったく広まらなかった。当時も「働き方改革」だったが、いまでは「テレワーク」と表現されている。

 さて、自宅や自宅周辺のカフェなどで仕事をするとなると、マイクロソフトの「Office」がインストールされたパソコンが必要だろう。当然、WiFiなど高速インターネット回線も必要になる。スマホやタブレットでは仕事はできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る