五輪中の実施を企業に要請 テレワークで子育て世帯は混乱

公開日: 更新日:

 来年の7月、8月は子育て・介護世帯は大混乱しているかもしれない。国は、2020年東京オリンピックの本番テストとして、7月22日~9月6日をテレワーク・デイズとし、企業などに5日間以上のテレワーク(在宅・モバイル・サテライトオフィス)の実施を呼びかけている。

■混雑緩和を企業に要請

 交通機関の混雑をどれだけ解消できるか実験するもので、とくに開会式にあたる7月24日は60万人以上のテレワーク参加を目指している。

「今年の実証テストの結果で、どれくらい交通機関の混雑が減るのか、ある程度は把握できるでしょう。来年の本番では60万人を上回る人数の参加を呼び掛けています」(テレワーク・デイズ事務局・広報担当者)

 人であふれた前回リオデジャネイロ五輪の教訓を生かすためだが、オリンピック期間中は1日最大92万人の観光客が訪れる。東京メトロ・都営地下鉄の1日の利用者は850万人。これに92万人が加われば、あのラッシュアワーの混雑が余計にひどくなるのは分かり切っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る