ZOZO前澤社長は5位で26億円超「配当金長者リスト」最新版

公開日: 更新日:

 企業の社長や会長、外国人取締役など、高額役員報酬を得ている経営トップはワンサカいる。

 2019年3月期決算の“1億円プレーヤー”は280社、570人に上った。それぞれ前年より40社、32人上回り、調査開始以来、最多を記録している。

 ソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー副会長が全体のトップで報酬額は32億6600万円だった。一方、同社の孫正義会長兼社長の報酬額は2億2900万円。宮内謙取締役(12億3000万円)や佐護勝紀副社長(9億8200万円)よりはるかに少ない。

「グループを率いる孫社長の報酬額が他の役員より低いことに疑問を抱く人は大勢いるでしょう。ただ、孫社長は同社の大株主なので受け取る配当金はベラボーです。役員報酬が低くても収入はケタ違いです」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る