“はやぶさ2”にも採用の技術「エヌエフ回路設計ブロック」

公開日: 更新日:

 最先端の研究開発を行っている企業や大学、研究機関を顧客とするエヌエフ回路設計ブロック(6864)に注目する。

 社名にあるエヌエフは「Negative feedback(ネガティブフィードバック)」制御技術を指す。この技術は回路の安定性と高性能を実現するためのもので、電子回路や制御システムに幅広く利用されている。

 たとえば、小惑星「リュウグウ」への着陸に成功した小惑星探査機「はやぶさ2」のレーザー高度計に使用されている。

 また、次世代の基盤技術として注目を集める量子コンピューター向けもある。性能のカギを握る超伝導素子の信号処理に使われる超低雑音増幅技術だ。

 医療・バイオ関連ではノイズの中から非常に微弱な生体信号を検出するために、微小信号計測技術が使用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る