15年英国大会上回る ラグビーW杯に飛び交うカネと経済効果

公開日: 更新日:

「15年英国大会の経済効果は約4100億円といわれている。今大会はこれをしのぐとみています」

 これまで数多くの経済波及効果を算出してきた関大名誉教授の宮本勝浩氏がこう言う。

 日本では発売可能席数の97%が売れ、全国のPVにもファンが殺到。日本がアイルランドに勝った当日も、大阪・天王寺には約4500人が集まった。大会組織委が算出した今大会の経済波及効果は4372億円。前出の宮本勝浩氏が続ける。

「15年英国大会も大成功を収めたといわれましたが、欧州各国から日帰りで行けるファンも多かった。今回は日本開催。外国から観光を兼ねて泊まりがけで訪日するケースも多いはず。その分、経済効果は大きくなります」

 肝心なことは、このラグビー熱を今後に生かすことだ。日本は開催国でありながら、今W杯の取り分は収益の10%にも満たないといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  5. 5

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  6. 6

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  7. 7

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  8. 8

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  9. 9

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  10. 10

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

もっと見る