「藤森工業」ボティソープなどの詰め替え容器ならおまかせ

公開日: 更新日:

 地球温暖化に絡み、プラスチックごみが大問題となっている。ストローやペットボトルをはじめ、プラスチックを使用する容器は数知れない。

 藤森工業(7917)は包装材の大手だ。医療用から日用品、食品向けまで幅広く扱っている。プラスチックごみを減らすため、日用品などでは詰め替え用パックがもてはやされる。藤森工業には追い風だ。

 創業は1914(大正3)年。生糸を守る防湿・防水紙(ターポリン紙)の製造を、現在の東京・品川でスタートさせた。以来、「包む価値」を追求している。

 シャンプーやリンス、ボディーソープといった日用品のパウチ、味噌や合わせ調味料の入った注出口付きパウチなどを手掛ける。最近は大容量の複数詰め替え用の需要が高まっているという。

 医療向けの包装容器事業も収益源となっている。錠剤を包むシートや、さまざまな注射薬用キットなど医療現場に欠かせない製品だ。ディスポーザブル(使い捨て)の滅菌輸液袋や、細胞培養バッグも扱う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る