山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

電力系工事会社「トーエネック」の完全子会社化に思惑買い

公開日: 更新日:

 今年4月から電力会社に「発送電分離」が義務付けられる。電力会社は地域ごとに「発電」「送配電」「小売り」の3事業を一括で独占してきた。しかし、政府は電力自由化の名の下に規制緩和を進め、2016年には「小売り」部門が全面的に自由化された。

 東京ガスやソフトバンクグループ、KDDI、JXTG(ENEOS)などの新電力が大挙して参入し、わずかながらだが値引き競争も活発化したことは記憶に新しい。

 4月からの発送電分離は小売りの自由化に続く「電力システム改革」で、大手電力会社から「発電」部門と「送配電」部門が切り離され、別会社化される。これによって、新電力などの新規参入企業が全国に張り巡らされた送配電網を公平に利用できるようになるとされる。

 通信の自由化でNTTが地域子会社などに細分化され、新電電やソフトバンクグループなどが大挙して新規参入したのと同じようなことが起ころうとしているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る