犬や猫を食すのは当たり前 北京ダックより孔雀食べたがる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの発生には中国人の食文化が深くかかわっている。アメリカのヒューストン大学のピーター・リー博士はこう述べている。

「中国では毎年、1000万単位の犬や猫が食されている。多くは家庭用のペットが盗まれ、業者が買い取って食肉用に販売する。広東省が中心で、中国全土で年間に1億3000万匹が売買されている」

 問題はこうした動物を調理、加工すると大量の血が発生し、付近の川や池、井戸を汚染することだ。また、店先で処理される動物が鼻を鳴らした際に唾液をまき散らし、周囲の人間に飛沫感染させる危険性もある。武漢の海鮮市場は衛生状態が極めて劣悪だった。

 一方、中国の料理人たちは珍しい動物を客の目の前で料理するパフォーマンスがサービスにつながると考えている。当然、客もそうした演出を期待する。特に最近の富裕層は高額を払って中国各地から珍獣を集め、腕のいいシェフの包丁さばきを見ることで「成功した金持ちの特権」を味わうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る