犬や猫を食すのは当たり前 北京ダックより孔雀食べたがる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの発生には中国人の食文化が深くかかわっている。アメリカのヒューストン大学のピーター・リー博士はこう述べている。

「中国では毎年、1000万単位の犬や猫が食されている。多くは家庭用のペットが盗まれ、業者が買い取って食肉用に販売する。広東省が中心で、中国全土で年間に1億3000万匹が売買されている」

 問題はこうした動物を調理、加工すると大量の血が発生し、付近の川や池、井戸を汚染することだ。また、店先で処理される動物が鼻を鳴らした際に唾液をまき散らし、周囲の人間に飛沫感染させる危険性もある。武漢の海鮮市場は衛生状態が極めて劣悪だった。

 一方、中国の料理人たちは珍しい動物を客の目の前で料理するパフォーマンスがサービスにつながると考えている。当然、客もそうした演出を期待する。特に最近の富裕層は高額を払って中国各地から珍獣を集め、腕のいいシェフの包丁さばきを見ることで「成功した金持ちの特権」を味わうのだ。

 前回紹介した「トラ肉クラブ」も全国に広がり、日本人観光客の間でも話題だ。中国国内では生きたトラの入手が難しくなってきたため、周辺のベトナムなどから闇ルートで運ばれてきているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ