犬や猫を食すのは当たり前 北京ダックより孔雀食べたがる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの発生には中国人の食文化が深くかかわっている。アメリカのヒューストン大学のピーター・リー博士はこう述べている。

「中国では毎年、1000万単位の犬や猫が食されている。多くは家庭用のペットが盗まれ、業者が買い取って食肉用に販売する。広東省が中心で、中国全土で年間に1億3000万匹が売買されている」

 問題はこうした動物を調理、加工すると大量の血が発生し、付近の川や池、井戸を汚染することだ。また、店先で処理される動物が鼻を鳴らした際に唾液をまき散らし、周囲の人間に飛沫感染させる危険性もある。武漢の海鮮市場は衛生状態が極めて劣悪だった。

 一方、中国の料理人たちは珍しい動物を客の目の前で料理するパフォーマンスがサービスにつながると考えている。当然、客もそうした演出を期待する。特に最近の富裕層は高額を払って中国各地から珍獣を集め、腕のいいシェフの包丁さばきを見ることで「成功した金持ちの特権」を味わうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る