たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

底値で買う銘柄を研究する…「パウダーテック」は狙い目

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスに揺れ動く株式市場。買い始めるのは時期尚早と思われるが、中国のなりふり構わない経済刺激策も考えると、今から底値で買う銘柄候補を探す努力は報われると思われる。

 この連載で昨年12月中旬に紹介したパウダーテック(5696)。株価は3800円前後から、正月明けの5000円まで急騰したが、先週は3600円前後まで下落している。同社は、三井金属と緊密な関係を保ち、コピーやプリンターに使用されるキャリアーでシェア7割を誇っている。

 2月6日に発表された今期(20年3月期)の第3四半期決算は、営業利益は12.71億円(前年同期比プラス11.2%)と順調な数字となり、通期目標に対する進捗率は84%、通期の増額修正の可能性が高まっている。同社の慎重なEPS予想362円をベースにすると、現状の株価はPER10倍割れ、PBRは0.9倍だが、四季報予想のEPS404円を基にするとPERは9倍割れ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る