中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

テレワーク導入の必需品 セキュリティー対策のEDRに脚光

公開日: 更新日:

 当初、新型コロナウイルス「COVID―19」は人から人へは感染しないと報じられていたが誤りだった。今では、インフルエンザ以上に感染力があるとみられ、現時点で有効なウイルス薬はなく、対症療法(輸液、酸素投与、解熱剤投与など)しかない。感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」と報じられているが、最近の報道や各国の入国制限など異常な対応を見ていると「空気感染」もあるのではと疑いたくなる。

 このためか、日本を含め世界でイベント開催中止が相次ぎ、日本ではテレワークが推奨されている。当初は、政府は東京五輪開催に伴う混雑緩和策で、企業にテレワークを要望していたが、今では感染リスク回避のテレワークである。

 東京都の調査では、今夏に1000社超がテレワーク導入を検討中というが、テレワークは会社情報も持ち出すため、セキュリティー対策が十分でない自宅のパソコンでは危険である。テレワークの本格導入には、IT機器の整備や高度なセキュリティー対策が必要なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る