中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

テレワーク導入の必需品 セキュリティー対策のEDRに脚光

公開日: 更新日:

 当初、新型コロナウイルス「COVID―19」は人から人へは感染しないと報じられていたが誤りだった。今では、インフルエンザ以上に感染力があるとみられ、現時点で有効なウイルス薬はなく、対症療法(輸液、酸素投与、解熱剤投与など)しかない。感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」と報じられているが、最近の報道や各国の入国制限など異常な対応を見ていると「空気感染」もあるのではと疑いたくなる。

 このためか、日本を含め世界でイベント開催中止が相次ぎ、日本ではテレワークが推奨されている。当初は、政府は東京五輪開催に伴う混雑緩和策で、企業にテレワークを要望していたが、今では感染リスク回避のテレワークである。

 東京都の調査では、今夏に1000社超がテレワーク導入を検討中というが、テレワークは会社情報も持ち出すため、セキュリティー対策が十分でない自宅のパソコンでは危険である。テレワークの本格導入には、IT機器の整備や高度なセキュリティー対策が必要なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る