瀕死状態の注文紳士服をV字回復させた4代目の着眼点<前>

公開日: 更新日:

佐田展隆さん(オーダースーツSADA社長)前編

“安いのに着心地が良い”とサラリーマンたちに評判のスーツがある。全身の約20カ所を採寸するなど、フルオーダーばりに仕立ててくれるのに、1着なんと1万9800円から。そのスーツを作る店の名は「オーダースーツSADA」。全国に53店舗を展開する、老舗ながら近年急成長中の企業だ。

 陣頭指揮を執るのは、4代目社長の佐田展隆さん。学生時代はサッカーやノルディックスキーで鳴らしたというだけあって、40代半ばにしてスリムな体がスマートな印象だが、ここまでの道のりはまさに茨だった。

■そごう破産で借金24億円

「佐田家は大正12(1923)年創業。長く紳士服の卸売り、注文紳士服の縫製などの商いをしてきました。父の代に大手百貨店『そごう』と取引を始めたことで大きく成長。しかし、バブル崩壊でそごうが経営破綻すると、影響はわが社にも直撃。当時別の会社で働いていた私に、父から“戻ってきてくれ”と連絡があった時は、瀕死の状態でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る