瀕死状態の注文紳士服をV字回復させた4代目の着眼点<前>

公開日: 更新日:

佐田展隆さん(オーダースーツSADA社長)前編

“安いのに着心地が良い”とサラリーマンたちに評判のスーツがある。全身の約20カ所を採寸するなど、フルオーダーばりに仕立ててくれるのに、1着なんと1万9800円から。そのスーツを作る店の名は「オーダースーツSADA」。全国に53店舗を展開する、老舗ながら近年急成長中の企業だ。

 陣頭指揮を執るのは、4代目社長の佐田展隆さん。学生時代はサッカーやノルディックスキーで鳴らしたというだけあって、40代半ばにしてスリムな体がスマートな印象だが、ここまでの道のりはまさに茨だった。

■そごう破産で借金24億円

「佐田家は大正12(1923)年創業。長く紳士服の卸売り、注文紳士服の縫製などの商いをしてきました。父の代に大手百貨店『そごう』と取引を始めたことで大きく成長。しかし、バブル崩壊でそごうが経営破綻すると、影響はわが社にも直撃。当時別の会社で働いていた私に、父から“戻ってきてくれ”と連絡があった時は、瀕死の状態でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る