コロナパニックで広がる若者差別…まるで“病原菌”扱い

公開日: 更新日:

 全国小中高校の一斉休校が波紋を広げている。特に不満の声を漏らしているのは、世間から“バイ菌”扱いされている若者だ。

 政府の感染症専門家会議は2日、10~30代の若者が感染を拡大させる可能性があると指摘。〈皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます〉と訴えたため、全国の公共施設や娯楽施設で“若者排除”の動きが広がっているのだ。

 埼玉県の加須市立図書館が2日から31日まで高校生以下の子供の来館自粛を呼びかけているほか、福井県立図書館も同様の自粛を要請。一部のカラオケ店では、小中高生のみの利用を制限している。

 ツイッター上では、外出する中高生への心ない言葉と、世間の白い目に対する若者の反発が続出。

 休校でヒマを持て余し街なかやショッピングモールに繰り出した中高生が〈菌をまき散らしている〉〈休校の意味がない〉などと非難される一方、若者の間からは〈コロナ感染を若者のせいにしないでください〉〈病原菌みたいな言い方にホントに腹が立つ〉――との声が噴出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る