コロナ禍で活況「除菌・消毒」ビジネスの最前線とお値段

公開日: 更新日:

 4月末までの3カ月間の請負実績は420件以上。大規模施設はひと通り作業を終え、今は高齢者施設などの中規模施設を重点的に行っている。

 気になるのは料金だ。同センターでは企業・店舗向けが1平方メートル当たり2800円、家庭向けが同3800円。次亜塩素ナトリウムやグルタルアルデヒド、エタノールなどの消毒液を使用し、噴霧消毒、スチーム加温消毒などを行うのは変わらないが、家庭の方が室内にさまざまな形・材質のものが多いため、消毒液の選び方などで、オフィス以上に手間がかかるという。

 ちなみに床面積70平方メートルの家だと単純計算で26万6000円。結構な値段だが、「専門の防疫知識に基づいて消毒を行う以上、必要な経費があります。1平方メートル800円で請け負う業者もありますが、その単価では防護服すら買えません。それで採算を合わせようとすると、防護服の使い回しや、人員不足に陥る可能性があります」

 成果が目に見えないものだけに、よく吟味する必要がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    輪郭が二重に見えるタトゥー メキシコの女性彫り師が話題

もっと見る