たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

LED使用のウィルス除菌装置を発売したワイエイシイHD

公開日: 更新日:

 小池百合子都知事が圧勝した。予想通りの結果とも言えるが、よく分からなかったのが、カイロ大学が突然彼女の卒業を公式に認めたこと。口さがない連中は、今後、日本からエジプトへの援助が増加するはずと言っている。舛添要一氏、猪瀬直樹氏と都知事は2代続けてお金の問題などで辞任しており、圧勝と言っても火種は残っているのではないか?

 都知事選が終わったら、今度は衆院解散の観測が勢いを増している。世界中でコロナウィルス感染数が再度増加し、第2波襲来が現実的になっている。来年の東京オリンピック中止の可能性も高まり、現政権にとってはマイナス要素が複数顕在化している。衆院と首相の任期は来秋まで。今回の都知事選で野党の不振が浮き彫りになったことからも、総選挙の可能性が高まっているのだろう。

 選挙は株式市場にマイナスとは言えないが、安倍政権の支持率が低下中なだけに、短期で収益を上げられそうな材料株が人気を集めるのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る