松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

英国分裂と株式相場の急落「合意なきEU離脱」で起きること

公開日: 更新日:

 今年12月末、英国は完全にEU離脱(ブレグジット)となりますが、問題が再燃しています。現在、英国とEUは離脱の詳細を協議していますが、9日に英国が公表した英国国内市場法(IMB:Internal Market Bill)に対してEUが合意できないことから、12月末までに協議がまとまらず「合意なき離脱」になる可能性が高くなってきたのです。

 新型コロナウイルス騒動で世界が不安定な状態ゆえ「合意なき離脱」となると、各相場に激震が走る可能性があります。12月末を待たずに、IMB法案の決別で合意なき離脱が確定し、世界の株式相場が急落することも考えられるのでストップロスは必須です。

 EU離脱で一番悩ましいことが北アイルランド問題です。英国の正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」であるように北アイルランドは英国領で、南と西に接しているのがEU加盟国のアイルランド共和国です。その国境は自由に移動できたので、毎日仕事で往復している人も少なくありません。英国がEU離脱となれば、国境を越える場合、関税の徴収やパスポートなどの確認作業が必要になります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る