日産ゴーン裁判 西川氏の不起訴でケリー被告も“無罪確実”

公開日: 更新日:

「犯罪の共謀に関与していない」

 ゴーン事件を巡り、15日に東京地裁で開かれた初公判で、検察に全面対決の姿勢を見せたのは日産自動車元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)だ。ともに起訴された日産の前会長カルロス・ゴーン被告(66)のレバノン逃亡から約9カ月。「主役不在」で迎えた異例の裁判は「ケリー無罪」の判決が下される可能性が高い。

 ケリーはゴーンの元側近。2018年11月に東京地検特捜部に“電撃逮捕”された後、2010~17年度のゴーンの報酬を実際より91億円少なく見せかけ、有価証券報告書に虚偽記載した金融商品取引法違反罪で起訴された。公判は2週間に4回のペースで開かれ、来年7月まで予備日を含め計76回を予定している。

 約10カ月に及ぶ「闘争」の争点は、未記載の91億円が、ゴーンが退任後に受け取る「未払い報酬」として確定していたかどうか。さらに、ケリーが支払い方法の検討に関与していたかどうかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る