小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

エフオーアイの最高裁判決 金融界は固唾をのんで見守る

公開日: 更新日:

 いま金融界が固唾をのんで見守っている裁判がある。破産した半導体製造装置メーカー「エフオーアイ」の粉飾決算と東証上場・廃止を巡る裁判だ。12月22日に最高裁で判決が言い渡される予定で、「エフオーアイの上場主幹事であったみずほ証券の賠償責任が問われている」(メガバンク幹部)。

 事の発端は10年ちょっと前に遡る。2009年11月、東証マザーズにエフオーアイが上場した。「エフオーアイは上場前からプラズマ微細処理制御技術で高い評価を受けており、優良銘柄とみられていた」(大手証券幹部)という。

 しかし、上場直後の10年5月に証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券届出書などの虚偽記載)容疑で強制捜査に入ると、あっさりと100億円規模の粉飾決算を認め、破産を申請。6月19日付で上場廃止となった。「粉飾は売り上げの水増しという古典的な手口だったが、粉飾率が97%という驚くべき数値だった。売り上げのほとんどが架空だったわけだ」(前出の大手証券幹部)。エフオーアイは上場後、一度も本決算をくぐることなく破産し、史上最短で上場廃止となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る