有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

アルペン<下>「ティゴラ」で攻勢 アパレル本格参戦の成否

公開日: 更新日:

「現在、当社が最も力を入れているのがティゴラというブランドです」

 昨年9月中旬、アルペンが都内で開いた展示会で水野敦之社長はこう力を込めた。「ティゴラ」は2006年に立ち上げたプライベートブランド(PB)でスポーツシューズやインナーを揃えた。15年6月期に売り上げ100億円を達成し、20年同期には150億円に乗った。

■PBで攻勢

 アパレル業界の動向をよく知る社員が知恵を絞り、着心地のいい伸縮性のある素材にこだわって作ったパンツを売り出した。5000円だったが、競争力のある商品なら多少価格を上げてもユーザーはついてきてくれると信じた。20年秋にはセレクトショップの大手と組んでランニングウエアを中心に品揃えを充実。現在、ティゴラの全売り上げに占める割合は、まだ1ケタ(7%程度)だが、近い将来、主力事業に育てたいと社長の水野は胸算用している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る