杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

宇宙戦争を繰り広げる世界の大金持ちたち それは道楽か?

公開日: 更新日:

 新たな米中摩擦というか、ここは無法地帯といわれている。一触即発の危機にあるという。アメリカ、中国、ロシア、インドなどの宇宙開発競争のことだ。これは「宇宙戦争(スターウォーズ)」と呼ばれている。

 発端は1991年の湾岸戦争だ。米軍のミサイルがイラク軍の軍事施設をピンポイントで次々に破壊した。衛星を駆使した全地球測位システム(GPS)の活用である。

 これにはロシア、中国は焦ったに違いない。両国はアメリカに軍事力で対抗するよりも衛星を無力化する方法を選択した。

 これによって、敵の衛星を破壊するとともに、通信、サイバー攻撃ができる。

 一方、民間サイドによる宇宙ビジネスも活況だ。

 宇宙旅行を手掛けるヴァージン・ギャラクティック・ホールディングス、衛星ビジネスのロケットラボはNY市場、ナスダック市場に上場しているし、先発のロッキード・マーティン、ボーイング、さらにはトヨタ自動車、ソニー、キヤノンなどが宇宙ビジネスに意欲を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る