中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

緊急事態宣言で市場の物色はPCR関連から再び巣ごもりへ

公開日: 更新日:

 先週、友人と牡丹が咲くお寺として有名な真言宗豊山派の瑠璃光山薬王寺「禅定院」(東京都中野区)へ花見に行った。境内の牡丹庭園は季節を迎えて赤、白、黄などの牡丹が満開で、まさに極楽浄土のようだった。

 1362年開創の古刹らしく、境内にはおよそ樹齢650年、樹高50メートルとも思われるイチョウの大木も枝葉を伸ばし、幾度の戦乱、天災、疫病に耐え抜き成長し続ける樹形に畏敬の念さえ湧き上がった。

 この先、緊急事態宣言が発令されれば、すべてのイベントは中止され、幼稚園や学校は休校となり、外出自粛が徹底されるだろう。その期間は約2カ月、東京五輪の開会式直前までとなろう。日米首脳会談で、菅首相はバイデン大統領に米国製新型コロナワクチンの早期大量供給を要請。「新型コロナウイルス感染は完全にコントロールされている」として、東京五輪を開催したいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る