近づく東証市場再編 TOPIX見直しで買われる株、売られる株

公開日: 更新日:

 ワクチンが行き届く来年からは景気が回復し、いま低迷している銘柄も上がるといわれている。そこで、価格が手ごろな銘柄をいまから仕込んでいる投資家も多いだろうが、TOPIX見直しのことだけは頭に入れておいてほしい。 

 東京証券取引所は1年後の2022年4月に、現在の「1部」「2部」「ジャスダック」「マザーズ」の4市場を廃止し、「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場に再編する。

 プライム市場とは、内外の機関投資家が投資対象とする大企業がメインの市場で、一定の条件を満たしていれば、東証1部上場企業はそのまま移行できる。一定の条件とは「(オーナー所有株や政策保有株などを除いた)流通時価総額が100億円以上」「流通株式比率35%以上」などだ。

 逆に、プライム市場の上場基準に達しない1部上場銘柄は振り落とされていく。新市場体制が始まる2022年4月時点ではそのままだが、その3年後の2025年1月末までには、東証1部上場2190社のうち、実に3割にあたる約600社が除外されるとみられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る