遅きに失した中西経団連会長の辞任と「財界総理」陰の本命

公開日: 更新日:

財界通(以下=財) 政・官・財界とも、水面下の動きがみえないと、真相はわからない。そこで政界通と官界通の2人と一緒に、政官財の動きをスキャニングしていきたい。よろしく頼む。

政界通(同=政) まずは10日辞任を発表した経団連会長の人事だな。なぜ中西宏明会長(75=日立製作所会長)は、難病とされるリンパ腫で苦しみながら、医師からストップがかかるまで辞めなかったのか。遅きに失したのではないか?

官界通(同=官) そうだ。首相の諮問機関の民間議員も辞めず、コロナ禍の前から、議論に加わることも十分にできない状態だった。

 病気の人に気の毒だが、ずばり言えば、出処進退の感度不足。経団連会長という立場が重要だと思っているなら、とっくに辞めるべきだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る