俺の株式会社 寺﨑悦男社長 立ち食いをやめてすべて着席に

公開日: 更新日:

俺の株式会社 寺﨑悦男社長(63歳)

 10年前の2011年。東京・新橋に「俺のイタリアン」は開店した。その後、「俺のフレンチ」「俺の割烹」と「俺の」シリーズは破竹の勢いで、行列の絶えない外食店として存在感を高めていった。

 しかし、コロナ禍で「俺の」の強みは弱点となった。店の空間は狭く、立ち食いスタイルは「密」になりやすい。原価率の高いメニューを提供するだけに、客足が落ちて回転率が下がればあっという間に採算が取れなくなる。

 この1年、どうしのいだのか。「俺の株式会社」の寺﨑悦男社長は苦悩の表情を浮かべた。

「昨年4月に緊急事態宣言が出されたときは、ほぼ全店で休業しました。できる範囲で要請には従っています。ただ、店はすべて着席スタイルに変え、予約も受け付けるようにしました。売り上げは店舗によって異なりますが、コロナ前(19年2~4月)と比べると、多くの店は4割ダウンといったところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る