知っておいて損はない日本のユニコーン企業10社

公開日: 更新日:

「ユニコーン企業」という言葉を聞いたことがあるだろうか。創業10年以内で評価額10億ドル(約1100億円)以上の未上場テクノロジー企業のことをいう。名称の由来は、伝説の生き物「一角獣(ユニコーン)」で、めったに現れない貴重な存在という意味が込められている。ユニコーン企業とは、出現がまれで巨額な利益をもたらす可能性を秘めた企業というわけだ。

 米国では足元で337社ものユニコーン企業が「上場予備軍」として存在する。最近上場したユニコーン企業には、コロナワクチン開発に成功した創薬の「モデルナ」(2018年12月上場、現在の時価総額約9兆円)や、ビデオ会議の「ズーム」(2019年4月上場、同約10兆円)がある。こうした多くの予備軍の存在が、世界最強の米国株式市場を支えている面もあるのだ。

 一方、日本のユニコーン企業は現在わずか10社だ。そして上場した事例は「メルカリ」1社のみである。日米の数の差に驚くだろうが、その成長の過程も大きく違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る