総選挙の投開票日まで株価上昇のジンクス! 実は16連勝中、10.29日経平均3万1500円も視野

公開日: 更新日:

 株式市場がにわかに活気づいている。

「10月末に向けて、株価は上昇傾向をたどると思っています。なぜか? 総選挙に絡む相場上昇の“ジンクス”があるからです」(市場関係者)

 過去の衆院解散から投票日までの株価推移を調べると、かなりの確率で上昇傾向が見られるという。

 大和証券のリポート(8日付)には、「解散から総選挙までの日本株は上昇しやすいことが知られる。日経平均は1969年以降の選挙では下落なしと強いパターンが存在する」とあった。

■過去16回の平均上昇率は4%

 この間、解散・総選挙は16回。解散前日と投票直前日の終値を比較したところ、確かに、16回全てで日経平均は値上がりしている。最も上昇率が高かったのは2009年7~8月(解散時は麻生太郎首相=自民党)で約12%上がった。12年11~12月(同野田佳彦首相=民主党)も約10%上昇している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程