「ファミリーオフィス」とは何か? いずれ市場を揺さぶる存在に

公開日: 更新日:

 世界にはケタ外れの金持ちが数多く存在する。彼らの悩みは、せっかく築いた巨万の富を溶かすことなく、代々継承していくことだが、そこで生まれたのが「ファミリーオフィス」である。

 欧米では古くから存在し、起源は6世紀ごろのヨーロッパの王侯貴族のための資産管理とされる。19世紀に米国のロックフェラー家などの大資産家が一族の永続的な繁栄を目的としてファミリーオフィスを設立したことで、欧米の超富裕層の間で一気に広まった。さらに1980年代以降のハイテクブームで大成功した起業家が次々とこれに続き、現在、その数は欧米中心に1万社以上といわれる。で、ファミリーオフィスの総運用規模だが、全世界で1兆ドル(約130兆円)とも6兆ドル(約780兆円)とも試算されている。

 これほどまでに巨大化したファミリーオフィスだから、たまには事件が起きる。それが2021年春の「アルケゴスショック」だ。投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントは、多額の借り入れによる株式投資の失敗により経営破綻、日本の野村HDを含む世界中の金融機関に合計1兆円もの損失を与えた。その投資会社は、大手ヘッジファンドに勤務経験のあるビル・ホワン氏が設立し、運用資産が100億ドル(当時約1兆1000億円)超のファミリーオフィスだった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外