佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

佐藤陽子で思い出すのは池田満寿夫ではなく、岡本行夫である

公開日: 更新日:

 世界的バイオリニストで声楽家の佐藤陽子が亡くなったのは7月19日だった。享年72。芸術家の池田満寿夫のパートナーとしても知られ、テレビやCMにも一緒に出演したと訃報にある。

 しかし、私は外交官の岡本行夫と結婚していたことにまったく触れられていないのが不満だった。これは岡本が私と同い年で交友があったからでもあるのだろう。私にとって、佐藤陽子は岡本の前妻であるに過ぎない。

 岡本も2020年4月24日に新型コロナウイルス感染症のために亡くなった。享年74。

 だから、今回の追悼譜は表向きは佐藤ながら、実質的には岡本のそれとなる。

 五百旗頭真、伊藤元重、薬師寺克行編の『岡本行夫』(朝日新聞出版)が岡本から送られてきたのは2009年である。それより10年以上前に広島県の呉で開かれたシンポジウムで初めて会った時のことを思い出しながら、これを読み、岡本にすぐに礼状を出した。

 最初はお互いにとても意見は合わないと思っていたのに、途中から意外に合うところもあるじゃないかと変わっていった。『毎日新聞』の岸井成格や、東洋経済新報社からTBSに移った生井俊重など共通の友人がいることもわかったからである。

「現場主義を貫いた外交官」である岡本の証言で、一番ウムと唸ったのは、外務省の北米一課長を「ミスが許されない官僚の職業の中で、だんだん自分は慎重主義に傾斜していました」として、辞める場面である。

 私は人間を、話していて直(じき)に口をとがらすタイプと、とがらさないタイプに分けている。後者の典型が官僚で、このタイプは苦手なのだが、岡本は口をとがらす「異色官僚」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声