社長退任の「いきなり!ステーキ」株主優待廃止に非難囂々! 再び業績悪化で最大のピンチ

公開日: 更新日:

 創業者の一瀬邦夫代表取締役社長CEOの引責辞任を発表したステーキチェーン「いきなり!ステーキ」運営のペッパーフードサービスが、再びピンチだ。
 
 12日に発表した2022年12月期第2四半期の業績は、売上高72億700万円、営業益7億9800万円のマイナス、純利益8億6800万円のマイナスと、従来予想の売上高79億400万円、営業益3億4300万円のマイナス、純利益1億3800万円に比べて散々な結果であることが判明。
 
 当初、オミクロン株の感染拡大からのピークアウトにより、業績回復を見込んでいた。だが同社は、生活習慣の変化や物価上昇により、ディナー時間帯の売り上げの回復が想定よりも鈍かったことなどを業績悪化の理由にあげている。

 これにより、同社は最終黒字を見込んでいた通期の会社計画を大幅に下方修正。今期は、売上高153億3000万円、営業益11億900万円のマイナス、純利益10億9000万円のマイナスとなる見通しだ。
  
「いきなり!ステーキ」は2013年、銀座4丁目に1号店をオープン。手軽な価格でステーキが食べられるとあって、店に行列できるなど人気を博していたが、自社店舗の急拡大やニューヨーク進出が失敗。これにより、20年に業績堅調だった自社業態「ペッパーランチ」をファンドに売却していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声