無責任と無能が露呈…金融庁は「みずほ銀と同罪」の見方も

公開日: 更新日:

 世間は暴力団融資を放置してきたみずほ銀叩きにシャカリキだが、金融庁も同罪じゃないか。そんな見方が出つつある。

 理由は2つ。まず、「暴力団への融資に気づいた時点で解消しろ」なんて、言うは易しで、難しい。担当者は命懸けになるのに、金融庁はその方法を示すわけでもなく、解消方法は「各銀行で対応しろ」という態度だ。

 2つ目は、金融庁だって、みずほ銀の「頭取は知らなかった」というウソを見落としたのである。それなのに、今年9月、業務改善命令を出して、ガバナンスの機能不全を問うた。金融庁が検査する資料には取締役会に提出された問題融資に関する報告書も含まれている。きっちり読めば、頭取の関与は見抜けたはずなのに、見落としたのだ。

「民主党の長妻昭衆院議員も国会で、『社長あるいは頭取が主宰する会議に資料が出ていて、毎年検査に入っていたのに、この資料を金融庁は知らなかったのか』と攻め立てた。実は佐藤社長と金融庁の蜜月は有名です。東日本大震災の際、システム障害を起こすなど、問題銀行だったみずほを立て直すリーダーとして、当局も大いに期待していた。それだけに、『わざと頭取の関与を黙殺した』という疑念があるのです」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る