無責任と無能が露呈…金融庁は「みずほ銀と同罪」の見方も

公開日:  更新日:

 世間は暴力団融資を放置してきたみずほ銀叩きにシャカリキだが、金融庁も同罪じゃないか。そんな見方が出つつある。

 理由は2つ。まず、「暴力団への融資に気づいた時点で解消しろ」なんて、言うは易しで、難しい。担当者は命懸けになるのに、金融庁はその方法を示すわけでもなく、解消方法は「各銀行で対応しろ」という態度だ。

 2つ目は、金融庁だって、みずほ銀の「頭取は知らなかった」というウソを見落としたのである。それなのに、今年9月、業務改善命令を出して、ガバナンスの機能不全を問うた。金融庁が検査する資料には取締役会に提出された問題融資に関する報告書も含まれている。きっちり読めば、頭取の関与は見抜けたはずなのに、見落としたのだ。

「民主党の長妻昭衆院議員も国会で、『社長あるいは頭取が主宰する会議に資料が出ていて、毎年検査に入っていたのに、この資料を金融庁は知らなかったのか』と攻め立てた。実は佐藤社長と金融庁の蜜月は有名です。東日本大震災の際、システム障害を起こすなど、問題銀行だったみずほを立て直すリーダーとして、当局も大いに期待していた。それだけに、『わざと頭取の関与を黙殺した』という疑念があるのです」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る