野田前首相 この期に及んで「再登板」へ野心むき出しのア然

公開日: 更新日:

 この男は正気なのか。野田佳彦前首相が再登板に意欲を燃やしているという。民主党が政権を失った「A級戦犯」という事実をタナに上げ、消費増税の実現を自らの“手柄”として読売新聞の連載などで誇らしげに語っていたが、まさか本気で首相に返り咲きを狙っているとは……。

 野田は先月、母校の千葉県船橋市立二宮中で講演し、「常に志を抱き、懸命にやれば道は開ける。私はコネなし、金なし、知名度なしなのに総理にまでなった」と自慢した。その少し前には、地元の税理士会の講演で「複数回首相をやった人は何人もいます! 安倍首相だって2回やっているんですから」と言い放ち、代表再登板か新党結成をにおわせるような発言をした。

 もっとも、野田の野望が実現する可能性はゼロだ。次期衆院選の再選さえ危ぶむ声が上がっている。

 理由のひとつは4歳下の実弟で、船橋市議の野田剛彦議員(52)に囁かれる体調不安。剛彦氏は“野田の右腕”と呼ばれるキーマンである。兄が87年に千葉県議に初当選すると、勤め先の千葉信金を脱サラして私設秘書として支え、96年の衆院選で落選すると、船橋市議になって浪人中の兄を支えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る