ブラック企業8割超 厚労省「実態調査」は甘すぎる

公開日:  更新日:

 厚労省がブラック企業の実態調査を行い、17日、結果を公表した。対象は、事前の電話相談やタレ込みなどによって「問題アリ」と判断された全国5111事業所。そのうち82%、4189事業所で、長時間労働やサービス残業などの労基法違反があったという。

 業種ごとの企業数と違反件数は表の通り。企業が従業員と結ぶべき残業の協定がなかったり、協定を破ったりしたのが「時間外労働」で、労基法で定められた残業の割増金の不払いが「サービス残業」だ。

■社名公表せず指導だけ

 過労死の目安になる月80時間以上の残業をさせていた企業は24%、1230事業所にも上る。そのうち14%、730事業所は残業100時間を超える。最悪のケースでは、非正規社員の残業が170時間に上ったほか、最大11カ月もの賃金未払いがあったというからヒドイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る