ブラック企業の“追い込み手口” ルーツはIBMだった

公開日:  更新日:

 追い出し部屋に押し込んだりして社員をリストラするブラック企業が相次いでいる。今や世間的なイメージがブラックではない企業でさえ、社員の首切りに必死だ。リストラに血道を上げるブラック経営陣が“お手本”にするのが、日本IBMが行ったリストラだという。

 ブラック企業アナリストの新田龍氏が言う。

「日本IBMは08年、全社員を5段階に分類し、下から2番目までの下位15%、数にして1500人を3カ月で退職させるという大規模な退職勧奨を行いました。その中で、上司による人格否定や威嚇行為、誹謗(ひぼう)中傷などの人権侵害を伴う『退職強要』があったとして、社員4人が人権侵害を伴う退職強要の差し止めと損害賠償を求めて提訴。ところが、地裁では訴えが認められませんでした。ブラック企業は、この結果を“下敷き”にして知恵をつけたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る