ブラック企業の“追い込み手口” ルーツはIBMだった

公開日: 更新日:

 追い出し部屋に押し込んだりして社員をリストラするブラック企業が相次いでいる。今や世間的なイメージがブラックではない企業でさえ、社員の首切りに必死だ。リストラに血道を上げるブラック経営陣が“お手本”にするのが、日本IBMが行ったリストラだという。

 ブラック企業アナリストの新田龍氏が言う。

「日本IBMは08年、全社員を5段階に分類し、下から2番目までの下位15%、数にして1500人を3カ月で退職させるという大規模な退職勧奨を行いました。その中で、上司による人格否定や威嚇行為、誹謗(ひぼう)中傷などの人権侵害を伴う『退職強要』があったとして、社員4人が人権侵害を伴う退職強要の差し止めと損害賠償を求めて提訴。ところが、地裁では訴えが認められませんでした。ブラック企業は、この結果を“下敷き”にして知恵をつけたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る