ブラック企業の“追い込み手口” ルーツはIBMだった

公開日:  更新日:

 追い出し部屋に押し込んだりして社員をリストラするブラック企業が相次いでいる。今や世間的なイメージがブラックではない企業でさえ、社員の首切りに必死だ。リストラに血道を上げるブラック経営陣が“お手本”にするのが、日本IBMが行ったリストラだという。

 ブラック企業アナリストの新田龍氏が言う。

「日本IBMは08年、全社員を5段階に分類し、下から2番目までの下位15%、数にして1500人を3カ月で退職させるという大規模な退職勧奨を行いました。その中で、上司による人格否定や威嚇行為、誹謗(ひぼう)中傷などの人権侵害を伴う『退職強要』があったとして、社員4人が人権侵害を伴う退職強要の差し止めと損害賠償を求めて提訴。ところが、地裁では訴えが認められませんでした。ブラック企業は、この結果を“下敷き”にして知恵をつけたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る