• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブラック企業の“追い込み手口” ルーツはIBMだった

 追い出し部屋に押し込んだりして社員をリストラするブラック企業が相次いでいる。今や世間的なイメージがブラックではない企業でさえ、社員の首切りに必死だ。リストラに血道を上げるブラック経営陣が“お手本”にするのが、日本IBMが行ったリストラだという。

 ブラック企業アナリストの新田龍氏が言う。

「日本IBMは08年、全社員を5段階に分類し、下から2番目までの下位15%、数にして1500人を3カ月で退職させるという大規模な退職勧奨を行いました。その中で、上司による人格否定や威嚇行為、誹謗(ひぼう)中傷などの人権侵害を伴う『退職強要』があったとして、社員4人が人権侵害を伴う退職強要の差し止めと損害賠償を求めて提訴。ところが、地裁では訴えが認められませんでした。ブラック企業は、この結果を“下敷き”にして知恵をつけたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る