安倍自民党の論理破綻…議員歳費復活でも職員のベア見送り

公開日: 更新日:

 2年前から時限立法で続いている議員歳費の2割カットが、自民党の強い要望で期限が切れる今月末で打ち切られることが濃厚になった。

 歳費は東日本大震災の復興財源として13%、議員定数削減が実現するまでの約束として7%の計20%を減額。月額129万4000円が103万5000円に抑えられていた。これを戻すわけだ。

 だが、今なお26万人が仮設住宅に暮らし、定数削減は遅々として進まない。一方、国民には25年にわたる復興税を強いている。

 つまり、エラいセンセイの給料だけ先に上げるという虫のいい話なのだ。その言い分もふるっている。自民党の細田博之幹事長代行は15日の会見で、「民間に対して給与を上げるよう要請しているので、国家公務員の給与とか国会議員の歳費とか、総合的に考えるべき」と、まるで苦渋の決断だったみたいな言い方。自分たちが率先して賃上げすることで、全体の賃上げに貢献したいというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る