日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どっちが格上?オバマ「非公式夕食会」巡る銀座寿司店の困惑

 オバマ米大統領は23日、専用機「エアフォースワン」で羽田空港到着後、首都高、京葉道路などを封鎖して移動した。

 その後、安倍晋三首相が主催する「非公式夕食会」に出席。その場所は銀座の高級寿司店「すきやばし次郎」だ。

 次郎といえば、ミシュラン3つ星で、店主の小野二郎氏(88)がドキュメンタリー映画になったほど。1人3万円以上の高額店で、麻生副総理の行き着けの店としても有名だ。

 そこで、ちょっとした騒動に。同じ銀座のライバル店の「銀座久兵衛」周辺に困惑が広がっているというのだ。
「かたや久兵衛は安倍首相の行き着け。主人の今田洋輔氏は、安倍首相の希望で昨年の英国・北アイルランドG8に同行し、寿司を振る舞っている。その際、大間のまぐろを政府専用機で空輸したほどです。今回は麻生副総理の顔を立てて次郎にした格好だが、日米首脳の夕食会が次郎で行われたとなると、久兵衛は次郎の格下になる。それがおもしろくない人もいます」(マスコミ関係者)

 夜中に寿司を食べさせられるオバマ大統領には、どっちでもいい話だが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事