「悪の出世学」の著者が指摘「安倍独裁は人事を経て加速する」

公開日: 更新日:

「20世紀に活躍したクラシックの音楽家の本を何冊か書き、芸術家の評伝もたくさん作ってきました。そこには必ずヒトラーとスターリンが登場するんです」
 それで両独裁者に詳しくなったのが執筆のきっかけだ。

 中川氏によると、独裁者にはいくつか共通項があり、それは安倍首相にも当てはまる。①主義主張がない②一番の嫌われ者にはならない③学歴が高くない、である。
「安倍首相はTPP反対を公約に掲げながら一転して進め、靖国参拝しながら一方で右翼が期待するほどには中韓に対して強い態度に出ていない。実際はそれほど主義主張がないのではないか。自民党の総裁選は、地方人気が高かった石破さんは国会議員に嫌われたことが致命傷になった。一方の安倍首相は消去法で残っています。東大卒など高学歴に囲まれる政界で、安倍さんには『岸信介元首相の孫』ぐらいしか自慢できるものがない。ただ、こういう“凡人”こそ絶対的な権力者に化けると怖いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る