林文子横浜市長 “異例の1カ月不在”で囁かれる後任の名前

公開日: 更新日:

「待機児童ゼロ」で注目されたが…

 異例の事態だ。1カ月以上もトップ不在が続いている。
 横浜市の林文子市長(68)が、4月下旬から登庁していないのだ。

「4月22日から体調不良で仕事を休み、5月2日に入院。5月30日に退院したようですが、メールで『まだしばらく休む』と連絡があったきり、現在も登庁していない。夫と財産分与でモメているとか、震災ガレキの受け入れ問題で地元の港湾関係者との関係が悪化して悩んでいるという話も聞きます。かなりストレスをため込んでいるようです」(横浜市政関係者)

 林市長は、ダイエー会長や日産の執行役員などを歴任した後、09年に横浜市初の女性市長に就任。昨年は、全国最多だった待機児童の数をゼロにしたと発表して注目を浴び、昨年8月に再選された。

「病院で冠攣縮性(かんれんしゆくせい)狭心症と不整脈との診断を受け、現在も自宅療養中です。5月14日に『約1カ月の療養』を発表しており、その期間内ということです。病気はストレス性のものか? 原因については、こちらでは分かりかねます。復帰の時期は未定です」(横浜市役所)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る